2025関西万博・私たちからの環境影響評価準備書

HOME » 自然保護運動 » 夢洲の未来の自然環境を考える » 2025関西万博・私たちからの環境影響評価準備書

NEW!万博協会からの環境アセス準備書の内容と比べるために!

10月1日、大阪市より「2025年日本国際博覧会環境影響評価準備書」の縦覧が開始され、公益社団法人2025年日本国際博覧会より、環境影響評価準備書の公表及び意見募集と説明会についてが発表されました。私たちからの環境影響評価準備書と比べてみましょう。
万博協会の準備書には、環境への配慮が大変抜け落ちたものになっていると思われます。
「生きものたちのためにできるだけ自然環境を残しておいた方がよい」と思われる方はぜひ、ご一緒に環境影響評価準備書を読み解き、大阪市へ意見を送りましょう。(私たちからの環境影響評価準備書は、PDFでダウンロードできるよう、下のほうにまとめてあります。)

私たちは以下のイベントを用意しています。ご参加お待ちしております。

◆万博環境アセス準備書オンライン勉強会

  日時:2021年10月16日(土)午前10時より。閉会予定:12時 
  内容:万博協会から出された準備書と私たちからの生物多様性編を比較し、読み比べてみます。
  対象:準備書の読み解き方を一緒に学習したい方。
  参加お申し込み: こちらから(Googleフォーム)(先着30名以内程度)
  ※お申込みの方に、zoomのミーティングルーム番号とパスワード等をお知らせします。

 ---万博協会主催の準備書説明会がその後、10月18日、21日、23日にあります。(詳細は万博協会HPへ)---

◆私たちの環境影響評価準備書(生物多様性編)説明会

  日時:2021年10月28日(木)午後5時から 閉会予定:6時半
  内容:万博協会側の3回の説明会を受けて、その問題点を取り上げます。
  対象:広く一般の方、全国の自然保護団体の皆様、アセス・環境審議会関係の皆様、マスメディアの皆様、どなたでも。
  参加お申し込み: 追ってこちらに申込リンクを掲載します。(500名枠)
  ※ウェビナーでの開催を予定しております。
   質疑応答はできませんので、質問があればあらかじめお知らせいただくか、当日チャットになります。

ーーー
なお、万博協会の環境影響評価書については、以下をご覧ください。

  大阪市・縦覧手続き → 2025年日本国際博覧会 環境影響評価準備書(要約版はダウンロードできます)

  大阪市環境局環境アセスメント → 2025日本国際博覧会 環境影響評価準備書(本編がダウンロードできます) 

  2025国際博覧会協会 → 2025年日本国際博覧会 環境影響評価準備書の公表及び意見募集と説明会について
          本編ダウンロードできます。説明会は、大阪市此花区・港区・住之江区の3か所で開催。
         ※これらの情報はEXPO2025のトップページには表示されていませんので、こちらからどうぞ 

夢洲に自然環境を残すためのお願い

私たちは生物多様性に富む多様な自然環境が生まれている夢洲が、今後も野鳥たちをはじめとする生きものたちの大阪湾の大事な拠点となっていてほしい、と心から願っています。そのためにいろいろなアクションを起こしています。

1)まずは、全国のみなさんに、夢洲を知ってもらいたい!と思っています。

   →動画「夢洲ー生きもの調査の記録からー」You Tube (約20分)
   →自然の風景と生きもののの写真「夢洲の12か月
   →私たちのいきもの調査写真アルバム(準備中)

2)ネット署名活動をしています。→ 署名の説明ページへ

3)夢洲の自然を無視した万博計画について知りましょう。

  →上の勉強会・説明会にぜひご参加を。

4)大阪市民はもちろん、大阪市外・全国どこにお住まいの方でも、意見が出せます。

  →市民の声全般  

   例)万博アセス準備書の説明会はオンラインでも開催するべき
   例)環境アセスメントページで本編を閲覧したが、説明会などの案内がない。

5)11月15日までなら、オンラインで意見書が提出できます。

  → 意見書を大阪市行政オンラインシステムで提出する

 ぜひ、ご協力ください。

2025関西万博・私たちの環境影響評価準備書(生物多様性編)

要約版(第1版): PDFダウンロード(2ページ)
    2021.10.13  9月末までの確認種で更新。チュウヒの最新データ・植物の備考欄を追加しました! 

本 編(第1版): PDFダウンロード(29ページ)
    2021.10.13 9月末までの確認種で更新しました!
    皆さんのご意見をいただいてより良い内容につくりあげていこうとおもっています。ご意見を募ります。

資料編: 以下の項目からごらんいただけます。

1.要約版で「表:夢洲の重要種と開発による影響」に掲載した注目すべき生物種の写真記録(ホームページに掲載)
   →環境アセスメントで注目すべき野鳥
   →夢洲の在来植物

2.出現種リスト 確認日・確認場所等は公開していません。詳細が必要な方は個別に対応いたします。
   ・鳥類出現リスト  PDF版ダウンロード
   ・植物確認リスト  PDF版ダウンロード                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

3.調査の方法・およびルートと観察ポイントなど
   →私たちの生きもの調査とは

4. 専門家へのヒアリング(協会主催:オンライン講演会にて)

 ・コアジサシに関する専門家の意見
   北村亘(東京都市大学 准教授) 2020年6月20日「コアジサシから考える夢洲の生物多様性」 

 ・「夢洲の塩性湿地とそこに生きる植物たち」(「都市と自然」525号収録)
   長谷川匡弘(大阪市立自然史博物館 学芸員) 2020年8月21日「海岸・湿地植物から考える夢洲の生物多様性」

 ・シギ・チドリに関する専門家の意見
   守屋年史(NPO 法人 バードリサーチ) 2020年9月26日「夢洲に干潟を---シギ・チドリにとっての日本の港湾都市」

 ・人と自然が共生する夢洲をどうつくるかーー2025国際博覧会会場と跡地計画を考えるーー
   町田誠(SOWING WORKS 代表) 2021年1月20日「万博会場建設・運営における環境配慮」
   傘木宏夫(NPO 地域づくり工房代表理事) 2021年1月20日「工業地帯での環境再生事業と市民活動」

ネイチャーおおさか 公益社団法人 大阪自然環境保全協会

ネイチャーおおさかは、身近な自然を愛し、これを守り育てたいと願う市民が運営している公益社団法人の自然保護団体です。お電話でのお問い合わせはこちら 06-6242-8720

  • お問い合わせ


  • Facebookページ
  • 野山のたより
  • 都市と自然